繊維製品トータルソリューション

Textile Total Solution

一貫して手がける
トータルソリューション

MV

豊富な素材開発ノウハウと、商品企画・産地開発力を組み合わせ、お取引先様の様々なニーズにワンストップで応えるトータルソリューション機能を強化しています。最適な素材を調達し、中国をはじめアジア各国に広がる縫製拠点を活用し、高品質なファッション・繊維製品を供給します。

ファッション衣料(メンズ、レディース)

画像

アパレルメーカー向けOEM(Original Equipment Manufacturere:相手先ブランドによる生産)で培ったノウハウをさらに強化し、商品企画段階から積極的に提案を行うODM(Original Design Manufacturing:独自デザイン生産)も推進中。価格と価値のバランスを製品企画に反映させるよう取り組んでいます。

機能衣料(スポーツウェア、ユニフォーム、学生服 等)

画像

機能素材を中心に提案し、多様な機能衣料を供給しています。中国をはじめ東南アジアの工場を起用し、ローコストオペレーションを展開しつつも、品質の維持・向上、また、納期管理にも着実に取り組んでいます。

ホームファッション(寝装品、インテリア製品 等)、ファッション雑貨、インナーウェア 等

画像

家の中で使うものを、ファッションのようにコーディネイトし、ライフスタイルをより豊かにする商品群として、寝装寝具、インテリア製品、生活雑貨、インナーウェア、リビングウェア等を生産・供給しています。

画像

「特例輸入者」「特定輸出者」は、「セキュリティ管理とコンプライアンスの体制が整備された者」として税関長が承認する事により得られる資格であり、「特例輸入者」「特定輸出者」=「コンプライアンスに優れた企業」であることが国によって証明されていることになります。繊維関連の企業としては、日本全国でも数社しか承認されていません。
通常の輸入者は、輸入申告に必要なすべての書類を提出し、関税額等を確定・納付して輸入許可を得なければ、貨物を引き取ることができません。
「特例輸入者」は、輸入(引取)申告の行為と納税申告の行為を分離して行うことが出来るため、輸入(引取)申告を行うことにより急ぎの貨物を迅速・確実に引き取ることが可能です。
当社は、コンプライアンスの管理が信用に値するレベルであると認められているため、輸入(引取)申告にあたっては、評価資料や暫定八条対応の減税資料等を遅延なく事後に提示する事を条件に申告する事が可能であり、納税申告については貨物を引き取った後、翌月末までに関税額等の確定に必要な書類を揃えて行えばよいことになっています。
また、通常の輸出者は、輸出貨物を保税地域に搬入した後、一定の割合である審査・検査を経て輸出許可を受けます。
「特定輸出者」は、輸出貨物を保税地域に搬入する前でも、原則として検査が免除され輸出許可を受けることができ、迅速かつ円滑な船積みが可能となります。
これらの制度を利用する事により、他社にはない優位性を持ったサービスをお客様に提供することが可能です。

お問い合わせ

お問い合わせは、各部門の担当者から回答いたします。